ABOUT US

JTMIV Customer Service Center

ご不明な点などありましたら、info@thejtmiv.comよりお気軽にお問い合わせください。

Editor-in-Chief

原 正彦(はら まさひこ)
E-mail:hara@thejtmiv.com

1999年
島根大学医学部医学科 入学(平成17年卒業)
2005年
神戸赤十字病院(初期研修)
2007年
大阪労災病院(後期研修)
2010年
大阪大学医学部附属病院(後期研修)
2011年
大阪大学大学院医学系研究科 循環器内科学(大学院生)
2015年
大阪大学医学部附属病院 未来医療開発部(特任研究員)
2016年
大阪市立大学医学部附属病院 客員研究員
一般社団法人日本臨床研究学会 代表理事

業績

英語論文42編(筆頭著者 20編、初期研修医指導 3編、その他共著 19編)

受賞歴

2011年
第111回日本循環器学会近畿地方会 Young Investigators Award 優秀演題賞
2012年
第16回日本心不全学会総会 Young Investigators Award 優秀演題賞
2013年
第49回日本循環器予防学会総会 Young Investigators Award 最優秀演題賞
第33回心筋梗塞研究会 Young Investigators Award 最優秀演題賞
第61回日本心臓病学会総会 Young Investigators Award 最優秀演題賞
American Heart Association (AHA) Annual Scientific Meeting
Elizabeth Barrett-Connor Research Award for Young Investigators in Training
Finalist (honorable mention)
2014年
American College of Cardiology (ACC) Annual Scientific Meeting
Cardiovascular Health Outcomes and Population Genetics
Young Investigators Award Finalist(honorable mention)
2015年
AHA Quality of Care and Outcomes Research Scientific Meeting
Young Investigator Award Finalist (honorable mention)
International Heart Journal Ueda Award 最優秀論文賞
AHA Annual Scientific Meeting Cardiovascular Disease in the Young
Early Career Investigator Award Finalist (honorable mention)

展開サービス等

原 正彦(はら まさひこ)

Premium Advisory Board Members

すべてのメンバーには完全に無償でJTMIVの開発に協力して頂いております。 システム開発に協力頂くためメンバーにはJTMIVのアカウントが付与されておりますが、その他JTMIVプロジェクトと各メンバーの間に開示すべき利益相反(COI)は御座いません。

秋山 豪(あきやま ごう) 会津中央病院、日本
浅野 健人(あさの けんと) 高知大学医学部附属病院、日本
井澤 純一(いざわ じゅんいち) 京都大学大学院医学研究科、日本
伊藤 修平(いとう しゅうへい) 九州大学病院別府病院、日本
伊藤 浩光(いとう ひろみつ) 東京医科歯科大学、日本
市川 欧子(いちかわ ひろこ) 東京臨海病院、日本
井上 靖章(いのうえ やすあき) 名戸ヶ谷病院、日本
榎田 智弘(えのきだ ともひろ) 国立がん研究センター東病院、日本
大倉 啓輔(おおくら けいすけ) 京都大学医学部附属病院、日本
大谷 浩(おおたに ひろき) 島根大学医学部、日本
大西 裕(おおにし ゆう) 株式会社アートプロジェクト、日本
大平 純一朗(おおひら じゅんいちろう) 大阪赤十字病院、日本
大藤 有里紗(おおふじ ありさ) University of Debrecen、ハンガリー
岡西 徹(おかにし とおる) 聖隷浜松病院、日本
岡本 遼太(おかもと りょうた) 山梨大学医学部、日本
加藤 浩晃(かとう ひろあき) 京都大学/京都府立医科大学、日本
金子 英弘(かねこ ひでひろ) ブランデンブルク心臓病センター、ドイツ
金子 仁臣(かねこ ひとみ) 大阪赤十字病院、日本
上山 伸也(かみやま しんや) 倉敷中央病院、日本
川上 浩司(かわかみ こうじ) 京都大学大学院医学研究科 薬剤疫学・臨床研究管理学 教授、日本
菊池 篤志(きくち あつし) 大阪府立急性期総合医療センター、日本
木田 圭亮(きだ けいすけ) 聖マリアンナ医科大学、日本
北井 豪(きたい たけし) 神戸市立医療センター中央市民病院、日本
木下 喬弘(きのした たかひろ) 大阪府立急性期総合医療センター、日本
宜保 光一郎(ぎぼ こういちろう) 沖縄県立中部病院、日本
蔵本 浩一(くらもと こういち) 亀田総合病院、日本
黄 啓徳(こう けいとく) 京都民医連第二中央病院、日本
黄 世捷(こう せいしょう) 聖マリアンナ医科大学、日本
古賀 秀信(こが ひでのぶ) 麻生飯塚病院、日本
小坂 拓也(こさか たくや) 琉球大学医学部、日本
小西 正紹(こにし まさあき) ゲッティンゲン大学、ドイツ
小林 泰俊(こばやし やすとし) UPMC Shadyside Hospital、アメリカ
小室 薫(こむろ かおる) 国立病院機構函館病院、日本
近藤 猛(こんどう たけし) 名古屋大学医学部、日本
紺野 晋吾(こんの しんご) 東邦大学医療センター大橋病院、日本
齋藤 洋(さいとう ひろし) 亀田総合病院、日本
坂本 隆史(さかもと たかふみ) 九州大学病院、日本
佐々木 周伍(ささき しゅうご) 大阪大学大学院医学系研究科、日本
柴田 綾子(しばた あやこ) 淀川キリスト教病院、日本
島田 悠一(しまだ ゆういち) Brigham and Women's Hospital、アメリカ
志水 太郎(しみず たろう) 東京城東病院総合内科、日本
下村 良充(しもむら よしみつ) 神戸市立医療センター中央市民病院、日本
新堂 晃大(しんどう あきひろ) 三重大学医学部、日本
高橋 優三(たかはし ゆうぞう) 岐阜大学名誉教授/兵庫医科大学客員教授、日本
高見 昭良(たかみ あきよし) 愛知医科大学、日本
竹之内 盛志(たけのうち せいじ) 帝京ちば医療センター、日本
多久和 晴子(たくわ はるこ) 京都大学大学院医学研究科、日本
竹内 護(たけうち まもる) 大阪大学大学院公衆衛生学教室、日本
田中 賢一郎(たなかけんいちろう) McGill University、カナダ
田中 崇洋(たなか たかひろ) 三菱京都病院、日本
田中 智貴(たなか ともたか) 国立循環器研究センター、日本
玉城 方丈(たまき まさたけ) メビックス株式会社、日本
堤 俊太(つつみ しゅんた) 秋田大学医学部、日本
徳増 裕宣(とくます ひろのぶ) 倉敷臨床研究支援センター、日本
中島 啓(なかしま けい) 亀田総合病院、日本
鍋田 健(なべた たける) 北里大学医学部、日本
西田 有毅(にしだ ゆうき) 佐賀大学大学院医学系研究科、日本
西畑 庸介(にしはた ようすけ) 聖路加国際病院、日本
根本 祐宗(ねもと まさひろ) 亀田総合病院、日本
野田 剛(のだ ごう) 安房地域医療センター、日本
羽柴 淳(はしば じゅん) 国保旭中央病院、日本
橋本 恵太郎(はしもと えたろう) 水戸協同病院、日本
花井 翔悟(はない しょうご) 中頭病院、日本
原 真由美(はら まゆみ) 大阪労災病院、日本
原 嘉孝(はら よしたか) 藤田保健衛生大学医学部、日本
原田 将太(はらだしょうた) 総合南東北病院、日本
早坂 佑(はやさか ゆう) 京都大学大学院医学研究科、日本
平田 真章(ひらた まさあき) 兵庫県立尼崎病院、日本
福岡 翔(ふくおか しょう) 藤田保健衛生大学医学部、日本
藤原 崇志(ふじわら たかし) 倉敷中央病院、日本
町田 貴史(まちだ たかふみ) 聖マリアンナ医科大学、日本
末永 祐哉(まつえ ゆうや) University Medical Center Groningen、オランダ
松本 博志(まつもと ひろし) 大阪大学大学院医学系研究科、日本
水谷 元紀(みずたに もとのり) 愛知医科大学病院、日本
水野 篤(みずの あつし) 聖路加国際病院、日本
三宅 正裕(みやけ まさひろ) 京都大学大学院医学研究科、日本
宮崎 恭平(みやざき きょうへい) 福島県立医科大学、日本
宮下 和幸(みやした かずゆき) 大阪大学医学部附属病院、日本
武蔵 国弘(むさし くにひろ) 医療法人 創夢会、日本
村上 啓介(むらかみ けいすけ) Ks Medical Office、香港
本山 りえ(もとやま りえ) 東京都健康長寿医療センター、日本
門馬 浩行(もんま ひろゆき) 兵庫県立加古川医療センター、日本
山口 徹雄(やまぐち てつお) 武蔵野赤十字病院、日本
山下 大輔(やました だいすけ) 医療法人社団高邦会高木病院、日本
山田 裕揮(やまだ ひろき) 市立堺病院、日本
山本 剛(やまもと たけし) 日本医科大学附属病院、日本
山脇 聡(やまわき さとし) 亀田総合病院、日本
米内 竜(よない りょう) 浦添総合病院、日本
横井 研介(よこい けんすけ) 国立病院機構 大阪医療センター、日本

JTMIV サポートチーム

顧問弁護士
柿沼 太一(かきぬま たいち)

STORIA法律事務所代表
京都大学法学部卒業、平成12年弁護士登録。

システムエンジンニア
眞井 康弘(まない やすひろ)

株式会社ミルプラトー 代表取締役

ウェブデザイナー
石神 嘉兼(いしがみ よしかね)

アイビーエフ株式会社 代表取締役
多摩美術大学卒業。

本利用規約(以下「本規約」)には、一般社団法人医療画像教育推進機構(以下「当機構」)の提供するThe Journal of Typical Medical Images and Videos(JTMIV)のご利用にあたり、登録ユーザーの皆様に遵守していただかなければならない事項及び当機構と登録ユーザーの皆様との間の権利義務関係が定められております。当該サービスを登録ユーザーとしてご利用になる方は、本規約に同意する前に必ず全文をお読み下さいますようお願い致します。

第1条 適用

  1. 本規約は、本サービス(第2条に定義)の利用に関する当機構と登録ユーザー(第2条に定義)との間の権利義務関係を定めることを目的とし、登録ユーザーと当機構の間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。
  2. 当機構が当機構ウェブサイト(第2条に定義)上で随時掲載する本サービスに関するルール、諸規定等は本規約の一部を構成するものとします。
  3. 本規約の内容と、前項のルール、その他の本規約外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

第2条 定義

本規約において使用する以下の用語は各々以下に定める意味を有するものとします。

  1. 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含む)を意味します。
  2. 「当機構ウェブサイト」とは、そのドメインが【researchmind.jp / thejtmiv.com】等である当機構が運営するウェブサイト(理由の如何を問わず当機構のウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます)を意味します。
  3. 「登録ユーザー」とは、第3条に基づき本サービスの利用者としての登録がなされた個人又は法人を意味します。
  4. 「本サービス」とは、当機構が提供するThe Journal of Typical Medical Images and Videos(JTMIV)という名称の、様々な疾患の時系列情報を含んだ医療用画像・動画を集めた医学学術雑誌の提供サービスを意味し、当機構が登録ユーザーから投稿を受けた医療用画像・動画等を公開すること及び希望する登録ユーザーに有償でダウンロードさせることをその内容とします(理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます)。
  5. 「投稿」とは、本規約に同意し、当機構が指定する投稿に必要な記載事項を入力または画像データを添付し、送信することを意味します。
  6. 「投稿ユーザー」とは,投稿を終えたユーザーを意味します。
  7. 「投稿データ」とは登録ユーザーが本サービスを利用して投稿するコンテンツ(文章、画像、動画その他のデータを含みますが、これらに限りません)、コンテンツへの評価・コメント、投稿者のハンドルネーム、当機構に送信する文章、画像、コメントやメールアドレス等の個人情報を含む当機構が取得した登録ユーザーからの情報の一切を意味します。
  8. 「利用契約」とは、第3条第3項に基づき当機構と登録ユーザーの間で成立する、本規約の諸規定に従った本サービスの利用契約を意味します。

第3条 登録

  1. 登録ユーザーは、国家資格を有する医療従事者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師、助産師、管理栄養士、臨床検査技師、診療放射線技師、臨床工学技士、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士、歯科技工士、救急救命士、言語聴覚士、視能訓練士等)、又はこれらの国家資格を取得するための専門施設の学生に限られるものとします。
  2. 本サービスの利用を希望する者(以下「登録希望者」)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当機構の定める一定の情報(以下「登録事項」)を当機構の定める方法で当機構に提供することにより、当機構に対し本サービスの利用の登録を申請することができます。
  3. 当機構は、当機構の基準に従って登録希望者の登録の可否を判断し、当機構が登録を認める場合にはその旨を登録希望者に通知し、この通知により登録希望者の登録ユーザーとしての登録は完了したものとします。
  4. 前項に定める登録の完了時に、本規約の諸規定に従った本サービスの利用契約が登録ユーザーと当機構の間に成立し、登録ユーザーは本サービスを当機構の定める方法で利用することができるようになります。
  5. 当機構は、本条第1項に基づき登録を申請した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は登録を拒否することがあり、またその理由について一切開示義務を負いません。
    1. (1) 当機構に提供された登録事項の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
    2. (2) 成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
    3. (3) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者、以下同様)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当機構が判断した場合
    4. (4) 登録希望者が過去当機構との契約に違反した者またはその関係者であると当機構が判断した場合
    5. (5) 登録希望者が第13条(禁止事項)に定める措置を受けたことがある場合
    6. (6) その他、当機構が登録を適当でないと判断した場合

第4条 登録事項の変更

登録ユーザーは、登録事項に変更があった場合は遅滞なく当機構の定める方法により当該変更事項を当機構に通知し、当機構から要求された資料を提出するものとします。

第5条 パスワード及びユーザーIDの管理

  1. 登録ユーザーは自己の責任においてパスワード及びユーザーIDを管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
  2. パスワード又はユーザーIDの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は登録ユーザーが負うものとし、当機構は一切の責任を負いません。
  3. 登録ユーザーはパスワード又はユーザーIDが盗まれたり、第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当機構に通知するとともに当機構からの指示に従うものとします。

第6条 本サービスの利用

登録ユーザーは、有効に登録ユーザーとして登録されている期間内に限り、本規約の目的の範囲内で、かつ本規約に違反しない範囲内で当機構の定める方法に従い本サービスを利用することができます。

第7条 利用料金

  1. 利用料金は、別途利用料金表に記載のとおりとします。
  2. 前項に定める利用代金はコンビニ決済システム、PayPalを利用したWEB上のPayPal口座、及びクレジットカードによる決済により支払って頂きます。
  3. 当機構は、本規定に定める場合を除いて如何なる場合においても利用代金の減額、返金は行わないものとします。
  4. 当機構は、適当と判断する方法で利用者に事前に通知することにより本条に定める利用料金およびその支払方法を変更することができるものとします。ただし、利用料金およびその支払方法の変更の詳細については当機構のホームページ上に掲示することにより利用者への通知に代えることができるものとします。

第8条 本サービスの利用期間

  1. 本サービスの利用期間は登録ユーザーが前条に定める対価を支払ってから1年間とします。
  2. 利用期間の途中で解約された場合も既に当機構にお支払い頂いた利用代金は返金致しません。
  3. 利用期間満了日の前日までに登録ユーザーから所定の方式による更新拒絶の申し出がないかぎり、本サービスは同一の条件で自動的に更に1年間更新されるものとし、以後も同様とします。

第9条 投稿データの削除及び修正等

  1. 本サイトで公開した投稿データについて、公開後に修正又は削除の必要があると当機構が判断した場合には、当機構は投稿ユーザーに事前通知をした上で、同投稿データの修正又は削除を行うことができるものとします。当該投稿データの修正又は削除によって投稿ユーザーに何らかの損害が発生したとしても、当機構は当該損害を賠償する責任を負いません。
  2. 投稿ユーザーは自らが投稿した投稿データについて、いつでも自由に修正及び削除ができるものとします。

第10条 投稿内容の利用権、著作権について

  1. 投稿ユーザーが本サービスに投稿した投稿データに関する著作権は投稿ユーザーに帰属するものとし、当機構がかかる権利を取得することはありません。ただし、投稿ユーザーは本サービスの利用により、当機構に対し投稿データを利用する権利を無償でかつ無期限に、地域の限定なく許諾したこととなり、当機構はかかる利用権を取得します。
    この利用権には、複製、上演、演奏、上映、公衆送信、公衆伝達、口述、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、(当機構が事業目的上必要とみなす範囲での)改変、著作権法第27条及び第28条に定める権利を含みます。また、これらの権利を第三者に再許諾する権利を含みます。
    投稿ユーザーが投稿データを編集・削除したり、本サービスの登録を抹消した場合でも、かかる利用権は影響を受けないものとします。
  2. 前項の場合、利用者は、投稿データに関する著作者人格権を当機構または当機構の指定する第三者に、前項に定める範囲での利用に対して行使しないことにも同意するものとします。
  3. 本サービスの利用者は、他の投稿ユーザーの投稿データを本サービスが当然に予定している利用態様を超えて利用(複製、送信、転載、改変などの行為を含みます)してはなりません。ただし、当機構から事前の承諾を受けた場合はこの限りではありません。その他投稿データの利用に際しては、別途当機構が定める投稿データ利用規約に従うものとします。
  4. 当機構は、法令または本規約の遵守状況などを確認する必要がある場合、投稿データの内容を確認することができます。ただし、当機構はかかる確認を行なう義務を負うものではありません。
  5. 当機構の責によらず、第三者が投稿データを投稿ユーザーに無断で複製等した場合には、当機構はそれによって投稿ユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第11条 投稿内容について

  1. 投稿ユーザーは、投稿データの投稿に際して当機構が不適当と判断する表現・内容を含む投稿を行ってはならないものとし、万一投稿が行われた場合は、当機構の判断により投稿ユーザーに対する事前の告知なく当該投稿データの削除、アカウント登録の削除を含めた対応ができるものとし、投稿ユーザーは一切の異議を述べないものとします。
  2. 前項に定めるほか、投稿ユーザーは、投稿に際しては当機構が別途定める投稿規定に従うものとします。

第12条 投稿データの利用許諾

登録ユーザーは、本サイトに掲載されている投稿データについて、別途当機構が定める投稿データ利用規約にしたがって利用することが出来ます。

第13条 禁止事項

登録ユーザーが本サービスを利用するに際して、次の行為を行うことを禁止します。

  1. 事実に反する情報を送信又は掲示する行為
  2. 本サービスにより利用しうる情報を改ざん又は消去する行為又はそれを試みる行為
  3. 第三者若しくは当機構の著作権、商標権、プライバシー権、氏名権、肖像権、名誉等の他人の権利を侵害する行為
  4. 第三者を差別若しくは誹謗中傷し、又は学習者その他の第三者若しくは当機構の名誉若しくは信用を傷つける行為
  5. 第三者の財産、プライバシー、肖像権若しくはパブリシティ権を侵害する行為又は侵害する恐れのある行為
  6. 第三者に対して無断で広告、宣伝、勧誘等の電子メールを送信する行為、受信者が嫌悪感を抱く電子メールを送信する行為、他者の電子メール受信を妨害する行為、連鎖的な電子メール転送を第三者に依頼する行為又は当該依頼に応じて電子メール転送を行う行為
  7. 他の投稿ユーザーに対して損害(身体的損害、精神的損害、経済的損害を含みますが、これらに限られません)を与える行為
  8. 詐欺等の犯罪に結びつく行為
  9. 無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、又はそれを勧誘する行為
  10. 以下に掲げる商品・サービス等の販売または勧誘
    1. (1) 特定の事業者の商品・サービスの販売または勧誘
    2. (2) 特定の金融商品や投資方法の販売または勧誘
    3. (3) 借り入れや借金整理の勧誘
    4. (4) 結婚相手紹介サービスや異性間の出会い系サービス等マッチングサービスの販売または勧誘
    5. (5) その他、コースの実施に必要のない商品やサービスの販売または勧誘
  11. 広告・宣伝・営業活動、公職選挙運動、特定の思想・宗教への勧誘、またはそれらに類する内容、コンピュータウイルス等有害なプログラムを使用若しくは提供する行為又は第三者に推奨する行為
  12. 第三者になりすまして、本サービスを利用する行為
  13. 本サービスに接続されている他のコンピュータシステム又はネットワークへの不正アクセスを試みる行為
  14. 前各号に定める他、法令若しくは公序良俗に反する行為(売春、暴力、残虐行為等を含みますがこれらに限りません)
  15. IDを複数人で共有し、利用する行為
  16. 法令上特に認められている場合を除き、投稿ユーザー及び当機構の提供する情報を当機構の事前の同意なく、複写、若しくはその他の方法により再生、複製、送付、譲渡、頒布、配布、転売、又はこれらの目的で使用するために保管すること
  17. 前各号に定める行為を助長又は促進する行為
  18. その他、当機構が不適切と判断した行為

第14条 投稿データの利用

  1. 当機構は投稿を受けた投稿データについて、第三者の著作権、肖像権その他の権利を侵害しないものであること、かつ個人情報が削除されていることを確認した上で本サービスにて利用するものとします。
  2. 投稿ユーザーは、投稿データが第三者の著作権、肖像権その他の権利を侵害しないものであること、かつ個人情報が削除されていることを確認したうえで投稿を行うこととします。
  3. 投稿データについて第三者から権利の主張、異議、苦情、損害賠償請求等が生じた場合には、当該第三者との間では当機構が第一次対応を行うものとし、以後の対応については、投稿ユーザーと当機構との間で協議したうえで決するものとします。
  4. 前項の場合において、当該第三者により当機構に対して法的な請求がなされ、あるいは当機構に損害が生じた場合、当該請求・損害が投稿ユーザーの故意重過失に基づくものである場合は、損害を発生させた投稿ユーザーは当機構が処理に要した費用及び損害を負担するものとします。

第15条 広告宣伝

当機構は、本サイト上に第三者の依頼による宣伝広告を掲示する場合があります。本サイトの利用者による当機構以外の広告主との間の取引、連絡、または宣伝活動への参加、及びその取引に関して当機構は一切関与しません。当機構は、当該取引もしくは本サイト上に第三者たる広告主の広告が掲載されていたために本サイトの利用者に生じたいかなる損失・損害に対しても、一切責任を負いません。

第16条 本サービスの停止等

  1. 当機構は、以下のいずれかに該当する場合には、登録ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断することができるものとします。
    1. (1) 本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
    2. (2) コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
    3. (3) 火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
    4. (4) その他、当機構が停止又は中断を必要と判断した場合
  2. 当機構は、当機構の都合により本サービスの提供を終了することができます。この場合、当機構は登録ユーザーに事前に通知するものとします。
  3. 当機構は、本条に基づき当機構が行った措置に基づき登録ユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第17条 権利帰属

当機構ウェブサイト及び本サービスに関する所有権及び知的財産権は全て当機構又は当機構にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に定める登録に基づく本サービスの利用許諾は、当機構ウェブサイト又は本サービスに関する、当機構又は当機構にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。

第18条 登録抹消等

  1. 登録ユーザーが以下の各号のいずれかの事由に該当する場合、当機構は事前に通知または催告することなく、投稿データを削除し、もしくは当該登録ユーザーに対して本サービスの利用を一時的に停止し、または登録ユーザーとしての登録を抹消する等の措置(以下「利用停止等措置」)をとることができるものとします。なお、利用停止等措置は登録ユーザーの帰責性の有無にかかわらず当機構の裁量・判断に基づき行うことができるものとし、利用停止等措置を行った理由についてはその如何を問わず登録ユーザーに対して一切お答えいたしかねます。また、利用停止等措置に起因して登録ユーザーに生じた損害については当機構は一切の責任を負わないものとします。
    1. (1) 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    2. (2) 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
    3. (3) 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
    4. (4) 6ヶ月以上本サービスの利用がなく、当機構からの連絡に対して応答がない場合
    5. (5) 第3条第5項各号に該当する場合
    6. (6) その他、当機構が登録ユーザーとしての登録の継続を適当でないと判断した場合
  2. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、登録ユーザーは、当機構に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当機構に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。

第19条 保証の否認及び免責

  1. 当機構は、本サービスにより提供する投稿データの内容につき如何なる保証も行うものではありません。投稿データの内容に誤りが発見された場合その他当機構が必要と判断した場合において、当機構が投稿ユーザーに適宜情報をアップデートするよう促す場合がありますが、かかるアップデートを行う義務を当機構が負うものではありません。
  2. 登録ユーザーは、本サービスを利用することが登録ユーザーに適用のある法令、業界団体の内部規則等に違反するか否かを自己の責任と費用に基づいて調査するものとし、当機構は登録ユーザーによる本サービスの利用が、登録ユーザーに適用のある法令、業界団体の内部規則等に適合することを何ら保証するものではありません。
  3. 本サービス又は当機構ウェブサイトに関連して登録ユーザーと他の登録ユーザー又は第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、登録ユーザーの責任において処理及び解決するものとし、当機構はかかる事項について一切責任を負いません。
  4. 当機構は、当機構による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、登録ユーザーのメッセージ又は情報の削除又は消失、登録ユーザーの登録の取消、本サービスの利用によるデータの消失又は機器の故障若しくは損傷、その他本サービスに関連して登録ユーザーが被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。なお、消費者契約法の適用その他の理由により、本項その他当機構の損害賠償責任を免責する規定にかかわらず当機構が登録ユーザーに対して損害賠償責任を負う場合においても、当機構の賠償責任は1万円を上限とします。ただし、当機構に故意又は重過失がある場合に限ります。
  5. 当機構ウェブサイトから他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトから当機構ウェブサイトへのリンクが提供されている場合でも、当機構は、当機構ウェブサイト以外のウェブサイト及びそこから得られる情報に関して如何なる理由に基づいても一切の責任を負わないものとします。

第20条 損害賠償

登録ユーザーは、本規約に違反することにより、又は本サービスの利用に関連して当機構に損害を与えた場合、当機構に対しその損害を賠償しなければなりません。

第21条 秘密保持

  1. 本規約において「秘密情報」とは、利用契約又は本サービスに関連して登録ユーザーが、当機構より書面、口頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開示されたか、又は知り得た当機構の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味します。但し、①当機構から提供若しくは開示がなされたとき又は知得したときに、既に一般に公知となっていた、又は既に知得していたもの、②当機構から提供若しくは開示又は知得した後、自己の責めに帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの、③提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの、④秘密情報によることなく単独で開発したもの、⑤当機構から秘密保持の必要なき旨書面で確認されたものについては、秘密情報から除外するものとします。
  2. 登録ユーザーは、秘密情報を本サービスの利用の目的のみに利用するとともに、当機構の書面による承諾なしに第三者に当機構の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。
  3. 第2項の定めに拘わらず、登録ユーザーは法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができます。但し、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨を当機構に通知しなければなりません。
  4. 登録ユーザーは、当機構から求められた場合にはいつでも遅滞なく、当機構の指示に従い、秘密情報並びに秘密情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物及びその全ての複製物を返却又は廃棄しなければなりません。

第22条 利用者情報の取り扱い

当機構による登録ユーザーの利用者情報の取り扱いについては、別途当機構プライバシーポリシーの定めによるものとし、登録ユーザーはこのプライバシーポリシーにしたがって当機構が登録ユーザーの利用者情報を取り扱うことについて同意するものとします。

第23条 退会

  1. 登録ユーザーは当機構所定の方法で当機構に通知することで本サービスの登録ユーザーとしての登録を抹消することが出来ます。
  2. 登録ユーザーの登録が取り消され、利用契約が終了した場合でも、当該登録ユーザーが投稿した投稿データや投稿データに関する評価等一切の投稿データは削除されないことを予め承諾するものとします。ただし、投稿ユーザーが投稿データの削除を希望する場合には退会前にこれらの作業を自ら行うことが可能です。
  3. 退会後の利用者情報の取り扱いについては、第22条の規定に従うものとします。

第24条 有効期間

利用契約は、本サービスの提供期間中登録ユーザーについて第3条に基づく登録が完了した日から当該登録ユーザーの登録が取り消された日まで当機構と登録ユーザーとの間で有効に存続するものとします。

第25条 本規約等の変更

  1. 当機構は、本サービスの内容を自由に変更できるものとします。
  2. 当機構は、本規約(当機構ウェブサイトに掲載する本サービスに関するルール、諸規定等を含みます。以下本条において同じ)を変更できるものとします。当機構は、本規約を変更した場合には、登録ユーザーに当該変更内容を通知するものとし、当該変更内容の通知後、登録ユーザーが本サービスを利用した場合又は当機構の定める期間内に登録取消の手続をとらなかった場合には、登録ユーザーは、本規約の変更に同意したものとみなします。

第26条 連絡/通知

本サービスに関する問い合わせその他登録ユーザーから当機構に対する連絡又は通知、及び本規約の変更に関する通知その他当機構から登録ユーザーに対する連絡又は通知は、当機構の定める方法で行うものとします。

第27条 本契約の譲渡等

  • 登録ユーザーは、当機構の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
  • 当機構は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに登録ユーザーの登録事項その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、登録ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第28条 分離可能性

本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により 無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有し、当機構及び登録ユーザーは当該無効若しくは執行不能の条項又は部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項又は部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

第29条 準拠法及び管轄裁判所

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に起因し又は関連する一切の紛争については、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第30条 協議解決

当機構及び登録ユーザーは、本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

【利用料金表】

  1. 課金時期
    前払い
  2. 利用料金
    1年間1万円(消費税込み)とします。
  3. 定期購読の自動更新
    利用期間満了日の前日までに登録ユーザーから所定の方式による更新拒絶の申し出がないかぎり、本サービスは同一の条件で自動的に更に1年間更新されるものとし、以後も同様とします。ただし支払い方法でコンビニ決済を選択した読者はご自身で更新する必要があります。
  4. 無料会員
    大学の医学部医学科に所属する学生については学生証データによる本人確認ができた場合に限り無料とします。

【平成27年2月26日制定】
【平成27年11月30日改定】

「The Journal of Typical Medical Images and Videos(JTMIV)」は、一般社団法人医療画像教育推進機構(以下「当機構」)の提供する、様々な疾患の時系列情報を含んだ医療用画像・動画を集めた医学学術雑誌の提供サービスを意味し、当機構が登録ユーザーから投稿を受けた医療用画像・動画等(以下「投稿データ」)を公開すること、及び希望する登録ユーザーに有償でダウンロードさせることをその内容とします。  ダウンロードした投稿データをご利用頂くには、以下の投稿データ利用規約(以下「本規約」)に同意頂くことが必要です。投稿データをダウンロードした方(以下「利用者」)は、本規約の内容に同意頂いたものとみなしますのでご注意下さい。

第1条 投稿データの利用許諾範囲

  1. 当機構は利用者がダウンロードした投稿データについて、利用者に対し譲渡不能かつ非独占的な利用権を与えるものとします。利用者は、同一の投稿データまたは類似の投稿データを第三者が利用し、または利用した可能性があることをあらかじめ承諾するものとします。
  2. 利用者はダウンロードした投稿データを以下の教育目的のみに利用できるものとします(※ ただし2条に定める禁止事項に該当しないものに限ります)
    • 教育や研修用資料の作成
    • 学会発表
    • 教科書の執筆
    • 論文の執筆
  3. 利用者は、ダウンロードした投稿データを利用する際には当機構が指定する表記(サイトロゴ、症例ID等)を付するものとし、当該表記を削除してはなりません。
  4. 利用者は、投稿データが投稿者または当機構によって修正又は削除される可能性があることを了承するものとします。当該投稿データの修正又は削除によって利用者に何らかの損害が発生したとしても、当機構は当該損害を賠償する責任を負いません。
  5. ダウンロードした投稿データの編集行為(切り抜きやトリミング等)をする場合には、元になる投稿データの症例ID、及びJTMIVのURLを付記するものとします。
  6. 利用者は、ダウンロードした投稿データを複数の媒体・態様で同時に利用することができます。

第2条 禁止事項

利用者は、ダウンロードした投稿データを以下の用途に利用することができないものとします。ただし、下記各禁止事項に該当するか否か判断がつかない場合は当機構までご相談下さい。

  1. 投稿データを営利目的(商業上の利得や金銭的報酬を主な目的とした利用を指します)で利用すること。
  2. 投稿データを営利・非営利の目的を問わず、第三者に転売、配布、譲渡、貸与、送信すること、その他第三者に使用権を譲渡し、貸与し、また担保設定すること。
  3. 投稿データを流用して本サービスと類似のサービス、投稿データと類似の製品の制作・販売を行うこと。
  4. 元になる投稿データの症例ID、JTMIVのURLを付記せずに、投稿データの編集行為(切り抜きやトリミング等)を行うこと。
  5. 投稿データを公序良俗に反する目的で利用することや、公序良俗に反するか否かを問わず、ポルノや風俗産業、悪徳商法、アダルトサイト、出会い系サイト、暴力団関係等のために利用すること。
  6. 会員登録抹消後(抹消理由の如何を問わない)に、会員登録期間中にダウンロードした投稿データを新たな態様や媒体で利用すること。
  7. 別途投稿データ毎に設定される特別な制限に反して利用すること。

第3条 無断利用等

  1. 利用者がダウンロードした投稿データを第1条に定める利用許諾範囲を越えて当機構の事前の許諾なく無断で利用した場合、利用者は当機構に対し第4条記載の正規利用料金に加え、別途当機構が蒙った一切の損害(訴訟費用および弁護士費用を含みます)の賠償をなすものとします。
  2. 前項の場合、利用者は当機構の求めに応じ当機構が要求する第三者の名称、住所、電話番号、担当者氏名などを含むすべての事項を開示するものとします。

第4条 利用料金および支払い

  1. 利用料金は、別途利用料金表に記載の通りとします。なお、本規約に基づく事前申請及び許諾を経ない利用については、利用料金は別途料金表の記載の金額といたします。
  2. 前項に定める利用代金はコンビニ決済システム、PayPalを利用したWEB上のPayPal口座、又はクレジットカードによる決済により支払って頂きます。
  3. 当機構は、本規定に定める場合を除いて如何なる場合においても、利用料金の減額、返金は行わないものとします。
  4. 利用者が、前項に定める利用料金の支払いを遅延したときは、支払期日の翌日から支払済みに至るまで当該支払金に対し、年14.6%の割合で乗じた額の遅延損害金を支払うものとします。
  5. 当機構は、適当と判断する方法で利用者に事前に通知することにより、本条に定める利用料金およびその支払方法を変更することができるものとします。ただし、利用料金およびその支払方法の変更の詳細については、当機構のホームページ上に掲示することにより、利用者への通知に代えることができるものとします。

第5条 データの返品、返金について

  1. 当機構は、当機構の責に帰すべき事由により利用許諾した投稿データ自体に何らかの障害が認められた場合、利用者の受領日から起算して2日以内の連絡に限り、速やかに返金に応じるものとします。ただし、上記期限までに利用者から当機構に対し何らの連絡がない場合、投稿データに損傷や誤受注はなかったものとみなします。
  2. 前項の場合を除き、当機構は利用者の責に帰する理由によりミスダウンロードされた場合返金については応じないものとします。

第6条 免責事項

当機構は、投稿データに関する品質管理には十分留意しておりますが、以下のいずれも保証せず、かつ以下のいずれかの事由に起因して利用者その他第三者に発生した紛争および損害について一切の責任を負わないものとします。

  1. 利用者は、ダウンロードした投稿データを利用する前に投稿データの内容(画像の向き、色調、コントラスト等を含みます)および投稿データに付された説明文については自己の責任において確認するものとし、利用者がこれを怠ったことにより生じた損害、または、第三者との間に発生した紛争。
  2. ダウンロードした投稿データ利用の結果完成した各種成果物を通じて、利用者が発信または提供する情報の内容について、またそれに関して第三者との間で紛争が生じた場合や第三者に対して損害を与えた場合等にかかる損害、不利益および債務。
  3. 利用者が、本規約に違反する目的や方法で投稿データを利用したり、当機構が事前に利用停止を通知した投稿データを利用したことから発生する損害、不利益および債務。
  4. 当機構の投稿データを利用することにより発生し、または発生しうる利用者の端末機器、通信機器、記録媒体およびソフトウェア等に対するウィルス等の影響およびデータの破損。

第7条 第三者との紛争

投稿データの利用に関して当機構の故意または重過失によって利用者に損害が発生した場合、当機構は利用者に対し該当利用料金を上限として利用者が被った損害を賠償するものとします。

第8条 著作権およびその他の権利

利用者に利用許諾された投稿データ(画像、動画、同画像・動画に付された説明およびキーワードほか関連する情報を含みます)についての著作権、その他の知的財産権は、当機構に投稿データの利用許諾をした者に帰属するものであり、利用者に対しこれらの著作権、その他知的財産権が譲渡されるものではありません。

第9条 投稿データ利用許諾の終了

当機構は、利用者が以下の事項に当てはまる場合、何らの催告・通知等を要することなく投稿データの利用許諾を取り消すことができるものとし、以後、利用者は投稿データを一切利用することができません。この場合、利用者は当機構の指示に従って投稿データおよびその複製物の一切を破棄すると共に、かかる利用者の行為により当機構または第三者に生じた損害があれば、その一切の損害(訴訟費用および弁護士費用を含みます)を、利用者、または利用者が業務上投稿データを利用された場合にはその雇用者や所属団体が賠償することに同意するものとします。また、万一利用許諾の制限、停止、中止または終了によって利用者および第三者に生じた損害または利用者と第三者との間で生じた紛争については、理由を問わず当機構は一切責任を負わないものとします。

  1. 本規約に違反した場合。
  2. 当機構への申告、届出内容に虚偽があった場合。
  3. 過去に登録ユーザー資格が取り消されていることが判明した場合、または本サービス利用中に登録ユーザー資格が取り消された場合。
  4. 支払手形または小切手を不渡にし、または支払を停止した場合。
  5. 強制執行、仮差押、仮処分もしくは競売の申立を受け、または滞納処分を受けた場合。
  6. 破産、特別清算、会社更生または民事再生の開始決定の申立があった場合。
  7. 監督官庁から営業停止、または営業の免許もしくは登録の取消の処分を受けた場合。
  8. 財産状態が悪化し、またはその恐れがある場合。
  9. その他当機構との信頼関係が失われるような行為があった場合。
  10. 反社会的勢力またはこれに準ずるもの(以下「反社会的勢力等」)であること、または違法献金、脅迫的行為、信用毀損行為、業務妨害行為、詐欺行為、組織的犯罪行為、法的責任を超えた不当な要求行為に関与したことが判明した場合。
  11. 自らまたはその役職員と反社会的勢力等との間に、直接または間接を問わず何らかの資金上その他の関係があること、もしくは、自らおよびその役職員が反社会的勢力等に対して名目の如何を問わず資金提供またはそれに準ずる行為があることが判明した場合。
  12. 反社会的勢力等に属する者またはそれらと密接な関係を持つ者を取締役に選任しまたは従業員として雇用し、また反社会勢力等が経営に関与した場合。

第10条 規約の改正

利用者は、当機構の予告なく規約の変更があることを了承するものとします。変更後の本規約は本サイトに掲載された時点から利用者に適用されるものとします。

利用料金表(消費税込み)

  1. 静止画 100円
  2. 動画 500円

【平成27年2月26日制定】
【平成27年11月30日改定】

一般社団法人医療画像教育推進機構(以下「当機構」)は、当機構の提供するサービス(以下「本サービス」)におけるユーザーについての個人情報を含む利用者情報の取扱いについて、以下の通りプライバシーポリシー(以下「本ポリシー」)を定めます。

第1条. 収集する利用者情報及び収集方法

本ポリシーにおいて、「利用者情報」とはユーザーの識別に係る情報、通信サービス上の行動履歴、その他ユーザーのスマートフォン、PC等の端末においてユーザー又はユーザーの端末に関連して生成又は蓄積された情報であって、本ポリシーに基づき当機構が収集するものを意味するものとします。本サービスにおいて当機構が収集する利用者情報は、その収集方法に応じて以下のようなものとなります。

  1. ユーザーから提供頂く情報
    ユーザーが本サービスを利用するために提供する情報は以下の通りです。
    • 本名
    • メールアドレス
    • 電話番号
    • 所属機関
    • 資格
    • その他当機構が定める情報
  2. ユーザーが本サービスの利用において、他のサービスと連携を許可することにより当該他のサービスから提供頂く情報
    ユーザーが本サービスを利用するにあたり、ソーシャルネットワークサービス等の外部サービスとの連携を許可した場合には、その許可の際に同意頂いた内容に基づき以下の情報を当該外部サーヒスから収集します。
    • 当該外部サービスでユーザーが利用するID
    • その他当該外部サービスのプライバシー設定によりユーザーが連携先に開示を認めた情報
  3. ユーザーが本サービスを利用するにあたって、当機構が収集する情報
    当機構は、本サービスへのアクセス状況やその利用方法に関する情報を収集することがあります。これには以下の情報が含まれます。
    • 端末情報
    • ログ情報
    • Cookie及び匿名ID
    • 位置情報

第2条. 利用目的

利用者情報は、本サービスの提供のために利用されます。また、本サービスのサービス提供に関わる利用者情報の具体的な利用目的は以下の通りです。

  1. 本サービスに関する登録の受付、本人確認等本サービスの提供、維持、保護及び改善のため
  2. 本サービスに関する案内、問い合せ等への対応のため
  3. 本サービスに関する当機構の規約、ポリシー等(以下、「規約等」)に違反する行為への対応のため
  4. 本サービスに関する規約等の変更などを通知するため
  5. 上記の利用目的に付随する利用目的のため

第3条. 利用中止要請の方法

ユーザーは、本サービスの所定の設定を行うことにより、利用者情報の全部又は一部についてその利用の停止を求めることができ、この場合、当機構は速やかに当機構の定めに従いその利用を停止します。なお利用者情報の項目によってはその収集又は利用が本サーヒスの前提となるため、当機構所定の方法により本サービスを退会した場合に限り当機構はその収集を停止します。

第4条. 第三者への提供

当機構は利用者情報のうち、個人情報については個人情報保護法その他の法令に基づき開示が認められる場合を除くほか、ユーザーの同意を得ずに第三者に 提供致しません。但し、次に掲げる場合はこの限りではありません。

  1. 当機構が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部又 は一部を委託する場合
  2. 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合 (3) 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事 務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ユーザーの同意 を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
  3. その他、個人情報保護法その他の法令で認められる場合

第5条. 個人情報の開示

当機構は、ユーザーから個人情報保護法の定めに基づき個人情報の開示を求められた際には、ユーザー本人からの請求であることを確認の上でユーザーに対し遅滞なく開示を行います(当該個人惰報が存在しないときにはその旨を通知します)。但し、個人情報保護法その他の法令により当機構が開示の義務を負わない場合はこの限りではありません。なお、個人情報の開示につきましては、手数料(1件あたり1,000円)が必要になりますのであらかじめ御了承下さい。

第6条. 個人情報の訂正及び利用停止等

  1. 当機構は、ユーザーから個人情報が真実でないという理由によって個人情報保護法の定めに基づきその内容の訂正を求められた場合、及びあらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由又は偽りその他不正の手段により収集されたものであるという理由により、個人情報保護法の定めに基づきその利用の停止を求められた場合には、ユーザー本人からの請求であることを確認の上で遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき個人情報の内容の訂正または利用停止を行い、その旨をユーザーに通知します。なお、合理的な理由に基づいて訂正または利用停止を行わない旨の決定をした際にはユーザーに対しその旨を通知致します。
  2. 当機構は、ユーザーからユーザーの個人情報について消去を求められた場合、当機構が当該請求に応じる必要があると判断した場合は、ユーザー本人からの請求であることを確認の上で個人情報の消去を行い、その旨をユーザーに通知します。
  3. 個人情報保護法その他の法令により当機構が訂正等または利用停止等の義務を負わない場合は、前2項の規定は適用されません。

第7条. お問い合わせ窓ロ

ご意見、ご質問、苦情のお申出その他利用者情報の取扱いに関するお問い合わせは下記の窓口までお願い致します。

一般社団法人医療画像教育推進機構
Customer Service Center
E-mail: info@thejtmiv.com

第8条. プライバシーポリシーの変更手続

当機構は、利用者情報の取扱いに関する運用状況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものとし、必要に応じて本ポリシーを変更することがあります。変更した場合には当機構所定の方法でユーザーに通知致します。但し、法令上ユーザーの同意が必要となるような内容の変更の場合は、当機構所定の方法でユーザーの同意を得るものとします。

【平成27年2月26日制定】
【平成27年11月30日改定】

特商法表示

事業者の名称 一般社団法人医療画像教育推進機構
代表者の氏名 代表取締役 原 正彦
住所 〒561-0871 大阪府豊中市東寺内町1-10-446
電話番号 050-3136-4809
メールアドレス info@thejtmiv.com
サービスの対価
  1. 画像・動画コンテンツのダウンロード 1画像100円、1動画500円
    最低利用金額は200円からです。本商品の購入を行うと商品ダウンロードのためのURLが登録メールアドレス宛てに送られます。利用者はURLへアクセスすることで商品のダウンロードが可能になります。利用者はダウンロードした画像・動画データの譲渡不能かつ非独占的な利用権を得ます。また、ユーザーは投稿データ利用規約の範囲内においてデータの教育目的の二次利用を行う事が可能になります。利用代金はクレジットカード決済によって支払って頂きます。
対価以外に必要となる費用 なし。ただしインターネット接続料金その他の電気通信回線の通信に関する費用はお客様にて別途ご用意頂く必要があります(金額はお客様が契約した各事業者が定めるとおり)。
代金の支払時期 登録した当日にコンビニ決済システムを介して、又はご指定のクレジットカードに請求いたします。また、利用期間終了後引き続き利用を希望する場合には申し込みから1年後の時点において再度同様の方法において請求を行います。
支払方法 クレジットカード決済による支払い
商品引渡またはサービス提供の時期 代金決済の手続完了確認後直ちにサービス提供を開始し、定期購読サービスに関しては以後1年間を利用期間とします。
キャンセル・解約条件について

利用者は本サービス購読依頼ページにおいて契約期間内であればいつでも定期購読を解約することができます。ただし、商品の性質上サービスの提供期間の途中で解約された場合においてもお客様が既に当社にお支払い頂いたサービスの対価は返金いたしません。

また、PayPal、クレジットカード決済者様の定期購読の自動継続課金に関しましては利用期間満了日の前日までに登録ユーザーから購読依頼ページより所定の方式による更新拒絶の申し出がないかぎり、本サービスは同一の条件で自動的に更に1年間更新されるものとし、以後も同様とします。

コンビニ決済での定期購読料支払い読者に対しては、継続の際に再度コンビニ決済を使用して1年間の購読を継続するように促すメールをお送りさせて頂きますので、改めてお手続きを宜しくお願い致します。

免責事項について サーバートラブル、ネットワークトラブルその他不可抗力により生じた商品の提供不能、中断については、弊社に重大な過失がある場合を除き、その責任を負わないものとします。
不良品の取り扱い条件 商品の性質上、返品は承っておりません。
その他の注意事項 以下をご覧ください。
  • 利用規約
  • 投稿規定
  • 投稿データ利用規約
  • プライバシーポリシー